第7節!!!!!!!

北信越フットサルリーグ第7節、相手は長野代表の「ボアルース長野」。
豊野体育館でれました。
結果は0対5(前半0:3、後半0:2)。得点経過は以下の通り。

時間チームNo.得点選手 
02'46"ボアルース長野18井上 裕翔
03'17"ボアルース長野15北原 健治
33'16"ボアルース長野7土岐 建仁
34'16"ボアルース長野5勝澤 祐人
38'28"ボアルース長野10竹内 謙太

完敗です。しかも無得点。
早々の連続失点から途中ぶり返して最後に息切れして終わる、見事な負けチームの王道パターンで
いいところなく終わりました。

相手云々じゃなくうちに問題があります。どこがマズかったのか・・・ チームはもう一度初心にかえって詰めていきます。
未完成ながら少しづつ取り組んできた「プリマのフットサル」。ビハインドにおちいると全く違うことをやり始めるチームの体質から変えていかなきゃいけません。

上位チーム相手にどこまでできるのか。
次節、強豪のモナルカにどこまで戦えるのか、一矢報いてきたいと思います。

我々はまだまだそんなチーム。勘違いしない様、締めていきます。 

第6節!!!!!!

北信越フットサルリーグ第6節、相手は新潟代表の「cabella niigata F3」。
柿崎総合運動公園内「柿崎ドーム」で行われました。
結果は2対2(前半1:1、後半1:1)。得点経過は以下の通り。
時間チームNo.得点選手 
13'45"Primasale 上越10高山 惇史
15'33"cabella niigata F32安藤 寛
21'27"cabella niigata F36野寺 由伸
37'43"Primasale 上越14下村 大地


後半の残り数分、相手の多くなってきた前プレに便乗して得意のイケイケフットサルができたことが同点弾を生みました。欲を言えばその後「呼吸」・・・テンポをかえれば逆転も可能だったと、今になれば思う次第です。

先制点はセットプレーから。フリーキックの前にとったタイムアウトで具体策はなかったものの、タイムアウトあけに4人で確認した演出は、即興劇にしては出来すぎたものでした。当然練習の中の一コマを切り取ったもので、伝える力よりも理解する力が発揮した見事なものだったと思います。
ただ、後半残り5分を切ったところで、訳あって2回続けて行われた、しかもおんなじ形のフリーキックを決められて同点に。前半は一進一退、何方かと言えばカベーラに分がある展開でした。

後半の立ち上がり。悪い入りではなかったと思いますが、早々に警戒していた選手に逆転弾を決められます。我々のディフェンスの甘いところを見逃さなかった相手選手を褒めるべきですが、その前の徹底して行われていた攻めの形からの得点であり、むしろそこにスポットを当てるべきかと思います。ダメージはかなり大きいものでした。

ただ後半、相手の前プレが増えだした頃から展開は少しづつこちらに傾いてきます。浸透してきた「切替」の意識、薄らいできた前プレスへの恐怖心、速攻の自信・・・これらが上手い具合に「突っ走るセット」にはまりだし、久々にみた速攻で同点としますが、その勢いでもう一歩相手に迫ることができずに試合はドローとなりました。


納得の勝ち点1。この試合でとれたこの勝ち点1はいろいろな意味で成長に繋がる、大きなものだったと思います。

あまり見渡す余裕もありませんでしたが、多くの方々に足を運んでいただいたようで、大勢に観客のなかで試合をすることができたこと、その環境に感謝しなければなりません。

観戦に見合う試合ではなかったにせよ、熱い気持ちは見せることができたのではないでしょうか。


リーグ後半戦もはじまったばかり。ひとつでも多く勝ち点を取り浄衣を目指して頑張りますので、今後も応援よろしくお願いいたします。

20140907_145938




 

第5節!!!!!

北信越フットサルリーグ第5節、相手は新潟代表の「レジスタ長岡」。
新潟市体育館で行われました。
結果は2対1(前半2:0、後半0:1)。得点経過は以下の通り。
時間チームNo.得点選手 
02'28"Primasale 上越10高山 惇史
13'44"Primasale 上越24小山 一輝
30'39"レジスタ長岡14江口 直人

決して悪い試合ではなかった・・・といえるのは前半のみ。やはり後半は同様の課題で自ら苦しい展開を招いてしまう様な試合運びで苦しめられ・・・苦しみました。我々より素直なシュート感覚は実にフットサル向きで我々も見習わなければなりません。奇跡のセーブや全員で守りきるという気持ち、前節の反省から得たディフェンスの確認事項がなければ今回もやられていたでしょう。それだけ、前半と後半の展開は違います。

この修正が出来ればうちは一皮むけると思うんですが。毎年出る課題の中で今季は非常に明確な分 、意識ひとつで大きく変わると思います。

とりあえずは久々の勝利。チームの進路をすこしづつ修正しながら次節もよい戦いが出来る様、頑張ります。

securedownload-1




相手は現在全敗中のカベーラ。
 
ただ、我々にとってカベーラは「カベーラ」です。前節も見ましたが、やはり本当に強い。
選手全員、この相手にかける想いは他と違うものがあります。その欠く事のない緊張感はチームにとってひとつ大きな力となります。
フットサル云々も大事ですが、不細工なフットサルでもとにかく勝つ。チーム一丸となり全員でひとつになって戦いたいと思います。

その戦いに向けてチームは邁進しております。今季2度目の地元開催となる会場は「柿崎ドーム」。施設も新しく、フットサル観戦に適した会場ですので是非足を運んでいただき応援をお願いします!

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ