開幕戦!

開幕戦の相手は石川県の「NYC」。
結果は4対3(前半2:1、後半2:3)。得点経過は以下の通り。
時間チームNo.得点選手 
03'34"Primasale 上越4黒津 唯史
14'55"NYC

16'55"Primasale 上越20小林 智宏
26'42"Primasale 上越10高山 惇史
29'44"NYC

39'17"NYC

39'59"Primasale 上越14下村 大地
誰もが予想していなかった人の先制ゴール!ご本人もびっくりの今季のチーム初得点でしたが・・・喜びながらも、自身の得点した試合はろくなことが起こらない、といううっすらとした心配はまさに的中しました。試合は一進一退の攻防でしたが、常にリードしていた状況下で我々のペースで展開が出来ていたと思います。
そんな中で後半、残り43秒で同点に追いつかれます。
残り40秒。ブザービートでのゴールで締めくくった勝利までの道のり、
この時間帯の攻防こそ今年のチームがこの先のリーグでの躍進を見いだせる要素が凝縮されている、と言えるんではないか(和久井談)、と。掴んだ試合の流れを意図的に終始引っ張れる力はまだなかったとしても、同点にされてから勝ち越しゴールを奪うまでの「チーム単位での理詰めの攻防」が、チーム全体の意識の中で出来ていたことがこの先の「強み」となっていく事と共に、今季やってきた練習が開幕戦の、しかも一番大事なところで淡々と発揮出来たのは、ひとつの大きな力を備えた、と捉えていいでしょう。
まだまだ自分たちでリズムを壊す「悪い癖」は抜けきれておらず、メンタルコントロールが必要だと実感した試合でもありました。

次節は一ヶ月後。これから地元開催も含め飛ばしていくにはいい環境なので、更に練習を積んで精進していきたいと思います!
応援よろしくお願いします。

2014第12回北信越フットサルリーグ開幕!

我々「Primasale上越」は、北信越リーグで4回目のシーズンをむかえます。
今年こそ「全国出場」を!
この明確な目標の達成に向けて、明日から始まる第12回北信越フットサルリーグを一丸となって戦いたいと思います。

応援よろしくお願いします!


今期の日程は以下の通り。

・第1節〜開幕戦〜
期日:5月18日(日) 
会場:氷見ふれあいSC(富山県)
相手:NYC(13:00キックオフ) 

・第2節
期日:6月15日(日) 
会場:長岡市みしま体育館(新潟県)
相手:RUEDA FUTSAL NIIGATA(11:00キックオフ)

・第3節
期日:6月22日(日) 
会場:リージョンプラザ上越(新潟県上越市)
相手:JOGARBOLA(15:00キックオフ)

・第4節
期日:7月13日(日) 
会場:南長野運動公園体育館(長野県)
相手:トロブラボ富山(11:00キックオフ)

・第5節
期日:7月20日(日) 
会場:新潟市体育館(新潟県)
相手:レジスタ長岡(15:00キックオフ)

・第6節
期日:9月7日(日) 
会場:柿崎ドーム(新潟県上越市)
相手:cabella niigata F3(15:00キックオフ)

・第7節
期日:9月28日(日) 
会場:豊野体育館(長野県)
相手:ボアルース長野(11:00キックオフ)

・第8節
期日:10月12日(日) 
会場:長岡市みしま体育館(新潟県)
相手:新潟モナルカ(13:00キックオフ)

・第9節
期日:10月26日(日) 
会場:いしかわ総合SC(石川県)
相手:ビークス白山(15:00キックオフ)

・第10節
期日:11月2日(日) 
会場:トリムパークかなづ(福井県)
相手:SOFT MAUNTAIN(12:30キックオフ)

・第11節
期日:1月18日(日) 
会場:輪島サンアリーナ(石川県)
相手:グランドルフ金沢(11:00キックオフ)

2013第11回北信越フットサルリーグ第11節〜最終節〜

IMG_7643
今季最後の試合の相手は「トロブラボ富山」。
リーグ参入3年目、過去最高成績の2位でむかえた最終節は、優勝こそ早々に逃したものの勝てばそのまま2位でフィニッシュできる!という最高のモチベーションで臨みました。


結果は、4対4(前半2:1、後半2:3)。得点者は下村×2、小関、高山。

状況的にもモチベーションはつくりやすく、最終節は楽しもう!という空気で、非常に良いチーム状況で臨めた試合であったと思います。ただ、試合内容は別。動きの少ないオフェンスが単調な攻撃となり、逆に相手にペースを握られる苦しい試合展開となってしまいました。重要視している「試合の流れ」を相手にもていかれた事で、前半はシュート数からわかる通り完全に相手ペースで進んでしまいます。決してよしとはしない試合展開ながらも堅守からの速攻で2点先制。完璧とはいかないまでも集中を切らさない
ディフェンスでしたが、やはりフットサル・・・キックインからの隙で失点してしまいます。この辺は来季の課題になろうかと思いますが、アウトオブプレーの重要性に更なる理解が必要になるでしょう。今季の失点でよく見られるものと同様のものでした。単に「切り替え」といっても、なぜそこに切り替えが必要なのか、という理屈を理解していないとこういうことになる、というまさに負の見本の様な失点。ちょっと残念でした。

後半、かなり厳しい言い方かもしれませんが、凡戦でした。
いくらいい攻撃ができても、フットサルを理解していないが故の失点の連続は、そういわざるを得ないでしょう。

最終引き分け。3位だったモナルカが勝利したため、順位入れ替わり3位でリーグを終えました。


と、ここまではいい事なしの最終節・・・ということになりますが。結果はともかく、実はこの最終節がチームにとって非常に有意義な試合であった事はメンバー全員が感じている事でしょう。
雰囲気は最高でした。
この「雰囲気」こそが前季のリーグで反省し、今季の課題として取り組んできたものであり、凡戦を差し引いても、良い試合であったとの評価に値するものといえるのではないかと思います。


ということで第11回北リの最終順位は3位でした。1位になれなければ2位も12位も一緒です・・・。
いや、やっぱり3位は3位、大いに評価して然るべきでしょう!チームの過去最高順位をひとつ上げ、またひとつ成長しました。来季の目標は変わりません。体勢も変えて新たな気持ちで臨みます。

今季応援いただきありがとうございました。来季もまた変わらず応援いただける様、チームひとつとなり邁進していきますのでよろしくお願いします。

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ