IMG_3137
長野県、第2のホームと言われている
南長野運動公園での開催でした。
相手は昨年度チャンピオンのジョガボーラ。

結果は、4対4(前半2:3、後半2:1)。
得点者は下村、高山、小関、荒川。

昨年2桁得点での敗北を喫し、「福井の悲劇」と言われ、北信越のルールまで変えてしまった屈辱の試合から1年・・・。その雪辱を果たすべく何日も前から準備してきた試合でしたが、結果は引き分けでした。

前半半ば、下村が久々にピヴォらしいプレーでゴレイロまで抜き去り先制。通常の攻防の中で同点に追いつかれると、我々の悪い癖で「おじけづいて」しまい、全く別チームの様にパスをまわされそこから連続3失点。ただ、前半の主導権で得たファールの累積で終盤にもらった第2をミスターシュートマン、高山がゴレイロ頭の上というあまり見た事がないコースに決めて1点差。その後も決定的チャンスを外し、前半は1点ビハインドのまま折り返し。後半、相手フリーキックで1点取られ2点差になったものの、池田のライン際エラシコ(あまりにきれいに決まったので名前を出さない訳にはいきますまい。紅白戦などマッチアップするときはやられると寝れなくなるんで意地でも抜かせません!本線よりそれました・・・)で綺麗に抜き去った後、パスをもらった小関が落ち着いてゴール。その後荒川が、荒川しか出来ない反転シュートで同点に追いつくとそこから怒濤の攻撃(その分相手の反撃にずいぶんと危ないシーンもありましたが・・・)でゴールを奪いにいくもそのまま終了。

優勝を目指す我々にとっては痛い引き分けでしたが、最低1の勝ち点をとれた事をよしとする。そんな試合でした。


前半、相手前プレが多くなったところを見計らって、後ろがあえて抜けずにプレスを張り付かせて自陣深い所からキックインを直接下村へ。「Fセット」の本日のキーポイント、マンマッチを見事にものにしてゴレイロまで抜いて決めたシュートは、下村の技術も然る事ながら、その前のプランを忠実にこなしてきたセットでの攻撃からでた、我々のセットでは完璧なシナリオだったと思います。
同点に追いつかれてからの2点は、今まさに我々の課題である「おじけづく」という負のオーラが招いた、我々自ら招いた失点、その時間はまるで別チームの様でしたが・・・。今年の違うところはそこからゲームを引き戻せるところ。両セットの特徴を生かしながら少しずつ試合を取り戻し、第2PK(シュートマン高山。確実に決めるところはエース「っぽい」)も試合を握ったからこそのもであり、特に後半の、ドリブラーが自由に演じる「勢いが売り」だった時代のプリマを彷彿させるような個人技連発での2得点は、このレベルでもゲームをつくれる様になったからこそのものであり、最大の特徴を出す為の土台が少しずつかたまってきた事を感じさせる試合でした。

引き分けでしたが・・・。



さて、次節。
今年こそこの鬼門を通らなくてはなりますまい。過去戦績から、特にメンタル的に圧倒的に相手が「上」だと思いますが、日々チームとして成長している事を武器に真っ向勝負を挑みたいと思います。

応援よろしくお願いします!