北信越フットサルリーグ第3節、相手は福井代表の「JOGARBOLA福井」。
リージョンプラザ上越で行われました。
結果は1対7(前半1:3、後半0:4)。得点経過は以下の通り。
時間チームNo.得点選手 
02'16"JOGARBOLA福井13
06'58"JOGARBOLA福井4
08'31"JOGARBOLA福井14
10'08"Primasale 上越10高山 惇史
22'11"JOGARBOLA福井4
22'17"JOGARBOLA福井14
27'13"JOGARBOLA福井6
39'43"JOGARBOLA福井12

この相手とは毎回、いや、だけじゃない毎試合・・・最初に握られるペースを徐々に跳ね返すという流れで試合に入っていく我々にとっては、そこを凌いでやっと入れる本域になる前の開始早々の3失点が重くのしかかり、終始流れを取り戻せぬまま試合を終えてしまいました。

終わってみれば7失点。未完成の攻撃に自らはまってしまい、自分たちの特徴である堅守に大きなマイナス作用が生じてしまった事が主な要因かと思われます。今の練習でやってきた事を各選手が自信を持って発揮する、表現に至らなくとも最低限イメージを持ってプレーしなければ逆効果である事を痛感しました。
通用するのに「やらない」「出さない」という事は自分たちのスタイルを放棄していること。厳しい様ですが、ここを理解してプレーを変えないと、我がチームでのその選手としての先はないものと思います。

とにかく完敗でした。


応援に来ていただいた方々、大変ありがとうございました。
一つ一つのプレーに拍手を頂き、選手達は今までにない最高の雰囲気でプレーする事が出来ました。
期待に答える事が出来なかった悔しさと不甲斐なさをバネに、次節に向けて課題修正し結果につなげたいと思います。
(監督:伊井談)


運営に関しては下部組織のジュニアユース等、多くの方に協力いただき、他会場にない盛り上がりを見せることができたと思います。この動きを今後も上越独自のものとして更に特化していける様頑張ります。

我々はこの事態を重く心に刻み頑張っていく所存でございます。
次節も応援いただけるのであれば、何卒よろしくお願いします。