2012第10回北信越フットサルリーグ

2012北信越フットサルリーグ最終節〜結果及び総括〜

相手:ボアルース長野
結果:3対1(前半0:0、後半3:1)
得点者:杉山、荒川、高山

今季より北信越リーグに参戦し、初戦からカベーラを破り、また、今回の全日本の長野代表となっているまさに「勢い」のあるチームとの対戦でした 。

ピヴォ当てとアラピヴォの入れ替わり等、2枚での仕掛けと残りの選手のフォローがある攻撃スタイルは徹底されており、相手ペースをこちらの攻撃で挽回するにいたらず、守備に時間を割かれた前半でしたが、ある程度のスカウティングで相手攻撃を頭に入れておいたこともあり、危ない場面がありながらも無失点で折り返し。後半は相手に植え付けたであろう「速攻」のイメージから徐々にゲームを握れる様になり、ポゼッションからシンプルな攻撃で刺したパラに飛び込んだ小関が基本通りのシュート、杉山のファー詰めで先制点。こちらの展開を読めなかった単純なミスで切り替えの一瞬のスキをつかれ同点にされたが、荒川の「個の力」を十分に発揮した中央ドリブル突破からの豪快なゴールで勝ち越し、高山の第2で追加点をとりゲーム終了となりました。

前半は我々が、後半は相手がそれぞれ5ファール。そんな展開でした。


最終節の最終試合、どちらが勝っても結果が変わらない中での試合でした。が、我々にとってはいろいろなことがありチームの底もみた今回のリーグで、この最終節に勝つことがどれだけ大事だったかを選手、スタッフ一同感じながらの試合でした。折しも2年前の入替戦を勝利したこの会場で、まさにその時の緊張感と戦う気持ちとその他・・・すべてがその最高だった「時」に戻ったような感覚、勝利というおまけ付きで「プリマサーレ」出来たのではないかと思います。

今回は「戦うチーム」として土俵に上がれたんではないでしょうか。これがあってこそ初めて試合になるということも、チームは意識の中で体現できました。

勝ったことで、賭けに出た来年の戦い方という課題も吸収でき、現状最高の形で最終節を終えることが出来たのではないかと思います。


今季、全日本も含めていろいろな方に応援いただきましてありがとうございました。チームは来季に向けオフとなりますが、来年度は皆さんを惹き付けるチームとなれる様、今季の反省を活かしながらしっかりとした体勢を作り再スタートしたいと思います。

今後もよろしくお願いします。






2012北信越フットサルリーグ第10節〜結果〜

相手:RUEDA FUTSAL NIIGATA
結果:3対1(前半2:1、後半1:0)
得点者: 杉本、西脇、下村

久しぶりの勝ち点3。
現状のチームの雰囲気から、全日本につながるいい試合をしたと思います 。

リーグは最終節を残して一時中断、これから全日本に入ります。
一発勝負のこの大会を今年こそものにすべく狙ってますので応援よろしくお願いします。

2012北信越フットサルリーグ第7節〜結果〜

相手:グランドルフ 金沢
結果:1対6
得点者:下村

前々節に大差で負けた試合と、展開こそ違えど同じ「原因」で今回も大敗しました。

今回は前半いっぱいあった試合を決めるチャンスをことごとく逃し、後半「戦い方」に間違いがあったことにも気付かないまま、最後はおんなじ展開で5点決められて負け。という感じでした。

フットサルを知らない。
このことがこの結果のつながっていることは明白であり、立て直しが必至です。

「勢い」の頭打ちは見えました。この先どうするかは各選手の考え方一つで変わってくることと思います。
ここで立て直したいと思いますが・・・


応援ありがとうございました。
次節も頑張ります。


2012北信越フットサルリーグ第6節新潟開催

期日:9月2日(日)
会場:リージョンプラザ上越
    新潟県上越市下門前446-2 Tel :025-544-2122
試合:
◇第一試合 RUEDA FUTSAL NIIGATA(H) vs 新潟モナルカ(A)
  10:30試合開始
◇第二試合 cabella niigata F3(H) vs Alosse松本(A)
  12:30試合開始
◇第三試合 Primasale 上越(H) vs KUROSAKI-SALA(A)
  14:05~14:20 公式練習(15分間)
  14:23エキップメントチェック
  14:27セレモニー 
  14:30試合開始


我々楽しみにしていた地元開催です。

「一戦必勝」
我々のスローガンを体現できる様いい準備をし、また、前節の雪辱をはらすべく、よりいっそうの熱い試合をしたいと思います。

応援よろしくお願いします。

  
 
 
  
  

2012北信越フットサルリーグ第5節〜結果〜

相手:ジョガボーラ
結果:11対1(前半6対1、後半5対0)
得点者:荒川 

ご覧の通り大敗。

前半早々の連続失点から流れを取り戻すことができず、前半、そして後半とコンスタントに得点を取られてこんな結果になってしまいました。

相手はいつも通りのジョガボーラでした。
なにひとつ修正されることがないままゲームは流れ、これまでにない大量失点。正直、周りも相手すら拍子抜けしたと思います。

試合の総評はそれだけです。



敗退、大量失点はすべて我々の中だけに起因します。選手が何に気づき、これに対してどう考え、どう修正してくるか・・・。


応援してもらえるような選手になれるかどうか。
完成したチームに乗っかって勢いだけできた各選手の「個人の資質」が問われる今、もしかしてソフト面に動きがあるかもしれませんが、現状動き出しているチームの歩みは止めることなく邁進して行きたいと思います。


前半を締めくくる試合は、最悪の結果で、後半戦にむけて大きな問題提起をもたらしました。次節までしばらく時間があります。これをどう前向きに飲み込んでいくかが各選手に与えられた課題であり、選手としての「転換点」となるでしょう。


「意識」


もうしばらく見守っていただければと思います。
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ