Primasale上越JY

県3部リーグ VSアルカシ戦

B8B814C5-76CD-4950-9989-422FD635C8F4
綿密なミーティング後・・・

試合開始!!
FCD0A8BC-B59E-4862-940A-DACFC81A20A4

シンタマ(新玉ねぎみたいですが・・・)コンビがコンビプレーを発揮!
全体的に力強いゲーム運びで、3年生がゲーム引っ張ってました。

1:1で引き分け。
チャンスもたくさんあり、またピンチはしょうが頑張って防いでました。相手も頑張ってたし、痛み分けでしたかね。

6/30地区リーグ

✳︎画像なし・・・「うみがたり」オープンで近隣が盛り上がっていた為

本日の相手は春日中と鏡が沖中(柏崎)でした。

クレーのグランドに慣れるのに少し手間取りましたが、春日中は前半に重ねた得点で比較的プリマペースで試合を運ぶことができた感じでしょうか。ただ、前半早々の相手ロングシュートが入っていればわからなかったかもしれません。
切り替えからシンプルなスルーパスとサイドバック発信のサイド攻撃でなかなかいいサッカーができていたと思います。

本日は急遽B戦なし。

鏡が沖中戦はB戦出場予定者でスタート。試合経験の少ないメンバーで最初はかみ合わない感じでしたが、2年生を中心になんとか悪い流れをカバー。後半から少しずつ出てきたレギュラーメンバーで流れを引き戻し、最終的には2点のビハインドをひっくり返して逆転勝利!

技術だけでなくメンタルも育ってきたように思います。

少しずつ、アクションできる様になってきたかな!

JY地区リーグ

晴天です!
上越地区リーグ、城北中戦を観戦しました。

E93888BF-2C4B-4511-A4FE-A122423388E6A473BFA0-6724-4832-8D63-3A08C3EE8AAE1335052D-D1E9-4626-A70F-124AB29C2619


DFラインとボランチの組み立ては受け手、出し手共に共通理解があり、「展開を作り出す」アクションサッカーができていたと思います。
・ボランチを絡めた横の流れから
・狭い局面を作り出しておいてから
の縦パスは、セオリーとチームの特徴が理解、表現されており、見応えありでした。

縦パスの肝となるフォワードとの連携がこの先の課題でしょうか。


1対0で勝利しました。
ワールドカップ効果か、力の抜けた動きと特にギャップに入ろうとするボランチとフォローの位置取りをやたら気にすら4バックポジショニング、よかったですね〜。
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ